2月の活動報告 ~難民認定申請について~

hare

2月は28日しかない上に祝日が2日もあり、あっという間に終わってしまいましたね。
首都圏の緊急事態宣言、予定通り終わればよいですがなかなか苦しい時期が続きますね。

2月がたくさんの外国籍の方から相談をいただきました。
その中でも、難民認定申請中の方からの相談が多かったのが印象的でした。

「難民認定申請中ですが、働くためのビザに切り替えられますか?」

厳しい言い方をしますが、どうして難民認定申請をしたのですか?
もちろん、本当に母国に帰ると命の危険があって帰れない人もいますが、そうでないウソの理由の人も多いのも事実です。
例えばこんな理由。
「ビザが不許可になったから」「就職先が見つからなかったから」etc…

私が採用担当者なら、そんなウソをつく人をそもそも採用しないですよ?
入管に難民認定申請する時間があれば、企業に履歴書を送ってください。
今は日本人でも就職は厳しい時期です。30社、50社、100社エントリーするなんて普通です。

とは言え、「借金を抱えて日本に来て、就職先が見つからず母国に帰るなんてできない。」そんな事情も理解できます。

そこで、『就活ガイド@JAPAN~VISA編~』なるものを作りました。
LINEでネクステップ行政書士事務所とお友達になることで、無料でダウンロードできます。
是非ご活用ください!!

guide

こちらからお友達追加ができます!
詳細についてはこちら

友だち追加

【難民認定申請は気軽にしないで!】

難民認定申請は、母国に帰ると命が狙われる人ために帰れない人がする申請です。
例えば、母国に帰ると借金が返せない、借金取りに追われてしまう、といった理由はプライベートな理由ですので、まず難民認定申請は許可されません。嘘の理由で難民認定申請をしても、いいことはありません。

  • 日本で正社員で働くことはできません。いずれ母国に帰らないといけないです。
  • 難民申請中に就職先が決まっても、就労ビザに切り替えることはできません。
  • 難民申請したことの記録は、ずっと入管に残ります。

難民認定申請をする前にできることはたくさんあります。もし、まわりに難民認定申請をしようとしている人がいたら止めてください!